乳歯だから虫歯になってもいいのでは?

乳歯だから虫歯になってもいいのでは?

乳歯だから虫歯になってもいい

 

子供の歯は最初乳歯が生えてきますが、それが抜け落ちて永久歯が生えてきます。

 

乳歯は最終的に抜け落ちるものですから、仮に虫歯ができてしまったとしても、永久歯でしっかりとケアをすれば、いつまでも健康な歯でいられます。

 

ただ、中にはこれを都合よく解釈して、「乳歯だから虫歯になっても構わない、気にしない」という親御さんもいます。

 

確かに、言っている意味合いは同じようなことかもしれませんが、前者はしっかりと歯磨きをしていても虫歯ができてしまった、という場合に悲観する事はない、これ以上増えないようにすれば大丈夫、ということですが、後者の場合は乳歯の間は虫歯になっても大丈夫だから歯磨きしなくてもいい、とも取れます。

 

確かに虫歯の乳歯は抜け落ちますが、口の中にはたくさんの虫歯菌があります。

 

乳歯が抜け落ちると言っても、すべてが一度に抜けるわけではないので、永久歯が生え始めた時に口の中には虫歯の乳歯があることもあるでしょう。

 

ですので、その虫歯菌により永久歯まで虫歯になりやすくなってしまうのです。

 

また、乳歯の虫歯が進行してしまうと、永久歯が生えてくる時に、炎症や膿などにより正常に生えてこれずに永久歯が曲がって生えることもあります。

 

それにより歯並びも悪くなるのです。

 

歯並びが悪くなる事は虫歯になりやすい、噛み合わせが悪くさまざまなデメリットがでてくるのです。

 

実際、乳歯は虫歯になりやすいのです。

 

この時期にしっかりと歯磨きをしないと、永久歯もすぐに虫歯になってしまいます。

 

ですので、乳歯だからこそしっかりとケアをしないといけないのです。

 

子供用歯磨き粉の好きな味を選ぶと、歯磨きもしやすいです。

 


 

関連ページ

何歳から始めればよいのでしょうか?
子供の歯はいつから磨き始めるかについて書いていきます。やはり、理想としては、最初の乳歯が生えてきた時ではないでしょうか?乳歯が虫歯になると、永久歯にまで影響が出ることがありますので、乳歯でもきちんとしたブラッシングケアが必要となります。
子供の歯磨きに歯磨き粉は必要?
子供の歯磨きには歯磨き粉は必要なのでしょうか?基本的にうがいができるまでは、歯磨き粉は必要ないといえます。うがいができるようになってからは、できれば歯磨き粉を使って歯磨きをした方がいいでしょう。ただ、歯磨き粉をつけなくても、しっかりとしたブラッシングができていれば、それだけで虫歯になりにくいです。
習慣づけるのも目的の一つです
歯磨きを習慣づけるのは、とても大切です。やはり、歯磨きをきちんとしていれば、虫歯は防げるものです。子供の頃から習慣がつけば、自分で毎日歯磨きをする事ができますので、虫歯で悩むことが激減すると思います。早いうちからの習慣づけが必要です。
楽しく歯磨きをしよう
楽しく歯磨きをする事の重要性についてご紹介いたします。子供の歯磨きは、親にとってとても大変です。子供は口を開けたままでいるのが苦痛の為、嫌がってしまうのです。それがトラウマで歯磨きをいやなものと思ってしまう事もあります。やはり、歯磨きは楽しんでする事が重要です。そうすれば子供もすすんで歯磨きをするようになります。
注意する点について教えてください
子供の歯磨きで注意する点についてご紹介いたします。まず、子供だけで歯磨きをさせない事が重要です。大人でも磨き残しがあるぐらいですから、子供ひとりでの歯磨きは、磨き残しが多く虫歯になってしまう確率が高いです。仕上げ磨きは大人がしてあげるようにしましょう!
電動歯ブラシは使ってもいい?
子供でも電動歯ブラシは使ってもいいのかについて書いていきます。電動歯ブラシは、よく汚れが落ちると評判ですが、磨き残しになりやすいので、注意が必要です。特に子供は、まだ上手く磨けないことも多いですので、まずは手で磨く習慣をつけた方がいいかもしれません。