子供の歯磨きに歯磨き粉は必要?

子供の歯磨きに歯磨き粉は必要?

子供の歯磨きに歯磨き粉は必要

 

子供の歯磨きをする場合、やはり大人のように歯磨き粉をつけて磨いた方が良いのでしょうか。

 

これについてはその子供さんの月齢、年齢によって変わってきます。

 

生まれたばかりの赤ちゃん、歯が生え始めた月齢の赤ちゃんは、大人のように歯磨き粉をつけて磨いたとしても、それをすすぐ事は出来ません。

 

ある程度の年齢になれば、うがいができるので問題ないのですが、うがいができない子供の場合には、歯磨き粉をつけない方が良いかと思います。

 

泡だらけになった口の中をどうやって綺麗にしたらいいかわからないでしょう。

 

基本的には歯磨き粉は飲んでも問題ないのですが、大人でも飲むのは抵抗があるのに、子供はますます嫌がる事でしょう。

 

ですので、そういった子供は無理に歯磨き粉はつける必要はないでしょう。

 

歯磨き粉をつけないと虫歯になるのでは?

 

と思う方もいますが、実は唾液には殺菌作用があるため、唾液だけで磨いて問題ないのです。

 

ただ、うがいができるようになった子供は歯磨き粉をつけて磨くといいでしょう。子供用歯磨き粉で味つきがおすすめです。

 

歯磨き粉にはフッ素が入っているもの、殺菌作用がある成分などいろいろ入っていますから、よりいいでしょう。

 

よく歯磨き粉をつけられないから歯磨きはしなくてもいい、歯磨き粉をつけないなら意味がない、と思う人もいますが、実際は大人でも歯磨き粉なしでもしっかり磨ければ虫歯にはなりにくいのです。

 

ですので、歯磨き粉の有無にかかわらず、しっかりと磨くことにしましょう。


 

関連ページ

何歳から始めればよいのでしょうか?
子供の歯はいつから磨き始めるかについて書いていきます。やはり、理想としては、最初の乳歯が生えてきた時ではないでしょうか?乳歯が虫歯になると、永久歯にまで影響が出ることがありますので、乳歯でもきちんとしたブラッシングケアが必要となります。
乳歯だから虫歯になってもいいのでは?
乳歯なら虫歯になっても良いのでしょうか?確かに、乳歯が虫歯になっても永久歯が虫歯にならなければ問題ありません。しかし、乳歯が虫歯になると、口内に多数の虫歯菌がいますので、永久歯も虫歯になりやすいのです。ですので、乳歯といえど、歯磨きによるブラッシングケアが重要となります。
習慣づけるのも目的の一つです
歯磨きを習慣づけるのは、とても大切です。やはり、歯磨きをきちんとしていれば、虫歯は防げるものです。子供の頃から習慣がつけば、自分で毎日歯磨きをする事ができますので、虫歯で悩むことが激減すると思います。早いうちからの習慣づけが必要です。
楽しく歯磨きをしよう
楽しく歯磨きをする事の重要性についてご紹介いたします。子供の歯磨きは、親にとってとても大変です。子供は口を開けたままでいるのが苦痛の為、嫌がってしまうのです。それがトラウマで歯磨きをいやなものと思ってしまう事もあります。やはり、歯磨きは楽しんでする事が重要です。そうすれば子供もすすんで歯磨きをするようになります。
注意する点について教えてください
子供の歯磨きで注意する点についてご紹介いたします。まず、子供だけで歯磨きをさせない事が重要です。大人でも磨き残しがあるぐらいですから、子供ひとりでの歯磨きは、磨き残しが多く虫歯になってしまう確率が高いです。仕上げ磨きは大人がしてあげるようにしましょう!
電動歯ブラシは使ってもいい?
子供でも電動歯ブラシは使ってもいいのかについて書いていきます。電動歯ブラシは、よく汚れが落ちると評判ですが、磨き残しになりやすいので、注意が必要です。特に子供は、まだ上手く磨けないことも多いですので、まずは手で磨く習慣をつけた方がいいかもしれません。