習慣づけるのも目的の一つです

習慣づけるのも目的の一つです

歯磨きを習慣づけるのも目的

 

子供の歯磨きの目的は、当然虫歯にならないためです。

 

乳歯は永久歯に比べると虫歯になりやすいので、なおさら食べた後はしっかり歯磨きしないといけません。

 

実は、子供の歯磨きの目的の一つとしては、虫歯にならないためだけでなく、食べたら磨くという歯磨きを習慣づけるというのもあります。

 

大人は、「食べたらしっかり歯磨きしなければいけない、虫歯になったら大変だ」ということは自覚していますから、他人に言われなくてもしっかりと歯磨きをするものです。

 

ですが、子供はそんな自覚はまだありませんし、基本的に歯磨きはしたくないものです。

 

そのため、親がしっかりついて歯磨きをしてあげないと、歯磨きをさぼってしまいがちです。

 

そんな時に、親が「1日くらい歯磨きをしなくてもいいか」とか「仕上げ磨きは毎回でなくてもいいか」なんて気持ちでいると、子供も歯磨きに対しての意識が低くなってしまいます。

 

そうなると、親が言わないと歯磨きをしない子供になってしまい、それが原因で虫歯ができやすくなってしまうのです。

 

しっかりと小さいうちからご飯を食べたら必ず歯磨きするもの、という習慣づけるようにすれば、次第に親が言わなくても自分で歯磨きをするようになります。

 

また、赤ちゃんなども同じです。

 

離乳食でもミルクでも、食べたら磨くということを毎食後続けていけば、歯磨きへの抵抗が少なくなっていくでしょう。

 

子供が虫歯ができてしまうのは、間違いなく親が悪いのですから、しっかりと親の責任をまっとうしましょう。


 

関連ページ

何歳から始めればよいのでしょうか?
子供の歯はいつから磨き始めるかについて書いていきます。やはり、理想としては、最初の乳歯が生えてきた時ではないでしょうか?乳歯が虫歯になると、永久歯にまで影響が出ることがありますので、乳歯でもきちんとしたブラッシングケアが必要となります。
乳歯だから虫歯になってもいいのでは?
乳歯なら虫歯になっても良いのでしょうか?確かに、乳歯が虫歯になっても永久歯が虫歯にならなければ問題ありません。しかし、乳歯が虫歯になると、口内に多数の虫歯菌がいますので、永久歯も虫歯になりやすいのです。ですので、乳歯といえど、歯磨きによるブラッシングケアが重要となります。
子供の歯磨きに歯磨き粉は必要?
子供の歯磨きには歯磨き粉は必要なのでしょうか?基本的にうがいができるまでは、歯磨き粉は必要ないといえます。うがいができるようになってからは、できれば歯磨き粉を使って歯磨きをした方がいいでしょう。ただ、歯磨き粉をつけなくても、しっかりとしたブラッシングができていれば、それだけで虫歯になりにくいです。
楽しく歯磨きをしよう
楽しく歯磨きをする事の重要性についてご紹介いたします。子供の歯磨きは、親にとってとても大変です。子供は口を開けたままでいるのが苦痛の為、嫌がってしまうのです。それがトラウマで歯磨きをいやなものと思ってしまう事もあります。やはり、歯磨きは楽しんでする事が重要です。そうすれば子供もすすんで歯磨きをするようになります。
注意する点について教えてください
子供の歯磨きで注意する点についてご紹介いたします。まず、子供だけで歯磨きをさせない事が重要です。大人でも磨き残しがあるぐらいですから、子供ひとりでの歯磨きは、磨き残しが多く虫歯になってしまう確率が高いです。仕上げ磨きは大人がしてあげるようにしましょう!
電動歯ブラシは使ってもいい?
子供でも電動歯ブラシは使ってもいいのかについて書いていきます。電動歯ブラシは、よく汚れが落ちると評判ですが、磨き残しになりやすいので、注意が必要です。特に子供は、まだ上手く磨けないことも多いですので、まずは手で磨く習慣をつけた方がいいかもしれません。