子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?

子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?

今はドラッグストアやスーパーに行くとさまざまな子供用歯磨き粉が売られています。

 

うがいがしっかりできるようになった子供は子供用歯磨き粉を使って歯磨きするといいでしょう。

 

では、子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯になる心配はないのでしょうか。

 

子供用歯磨き粉には、歯を強くするフッ素などを配合したものが多く、歯磨き粉をつけずに歯磨きするよりも、歯にとってはいいですし、虫歯にもなりにくいでしょう。

 

ですが、ここで勘違いしてはいけないのは、あくまで「虫歯になりにくい」というだけであり、「虫歯にならない」というわけではないのです。

 

子供用歯磨き粉はあくまで「磨く」ためのものであり、ただ歯磨き粉が歯についただけで汚れや歯垢が取れるということではありません。

 

つまり、子供用歯磨き粉を使用しても、磨き残しがあればその部分は虫歯になりやすくなってしまうのです。

 

むしろ歯磨き粉を使わずにしっかりと磨いた方が虫歯になりにくいこともあるのです。

 

実際、大人用歯磨き粉などは泡立ちが良いものも多く、仕上げ磨きをするのに泡が邪魔になってしまう事もあります。

 

それにより磨き残しがあれば虫歯になってしまうのです。

 

気をつけないといけないのは、子供用歯磨き粉を使っているから大丈夫、とタカをくくって歯磨きをいい加減にしてしまう事です。

 

子供用歯磨き粉を使用しようと、歯磨き粉を使わずに磨こうと、大切なのは1本1本の歯が丁寧に磨けているかどうかなのです。

 

 


 

関連ページ

子供用歯磨き粉はいつから使用する?
子供用歯磨き粉はいつから使用すればよいのかについて書いていきたいと思います。簡単に言うと、うがいをできるようになってから歯磨き粉を使った方が良いと思います。それまでは、歯磨きだけでも唾液が出ますので、虫歯予防になります。まずはうがいの練習をさせるようにしましょう。
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいい?
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいいのでしょうか?実際に大人用歯磨き粉と子供用歯磨き粉の配合成分は大して変わりありませんが、配合量に違いがあります。ですので、結論として大人は大人用、子供は子供用の歯磨き粉を使用する方が望ましいのです。
歯磨きさせる姿勢にも気をつけよう
歯磨きさせる姿勢にも気をつけましょう。歯磨きする姿勢はとても重要です。姿勢で仕上げ磨きがしやすかったり、しにくかったりもします。推奨できるのは、寝かせて磨く方法、立って磨く方法、立った状態であごを上げて磨く方法などがあります。
月齢によっては使わない方が良い
月齢によっては歯磨き粉を使わない方が良い場合についてご紹介いたします。やはり、うがいが出来るようになるまでは、それほど歯磨き粉を使わなくても良いといえます。ブリアンのように乳酸菌の歯磨き粉なら安全ですが、他の歯磨き粉は、毎回飲んでしまっては気になります。唾液でのブラッシングも効果がありますので、毎日きちんとブラッシングしましょう。
使用量に注意する事について
子供用歯磨き粉の使用量についてのご紹介をいたします。歯磨きは、しっかり磨き、汚れを落とす事が一番大切です。歯磨き粉については、磨けていればあってもなくてもよいといっても大げさではありません。しかし、子供の場合は、あまり多く歯磨き粉をつけない方が、歯磨きもしやすいので望ましいです。