月齢によっては使わない方が良い

月齢によっては使わない方が良い

子供用歯磨き粉は、子供の歯磨きの必需品です。

 

フッ素など歯によい成分が含まれているので、歯磨き粉を使わずに歯磨きするよりもいいでしょう。

 

ただ、子供用歯磨き粉は月齢によっては使わない方が良いこともあります。

 

子供の歯磨きは、月齢でいえば生後6〜7ヶ月くらいで始めるのが理想と言われます。

 

それはその頃が得乳歯が生え始める時期だからです。

 

あくまでその月齢は目安であり、3〜4ヶ月から乳歯が生え始めた子供にはその頃から歯磨きを始めることになります。

 

じゃあ、歯が生え始めた頃に子供用歯磨き粉を使うといいのか、というとそういうわけではありません。

 

月齢によっては子供用歯磨き粉は使わない方が良いのです。

 

その月齢とは、その子供によって異なりますが、少なくとも2歳前までは子供用歯磨き粉は使わない方が良いでしょう。

 

というのも歯磨き粉を使ってしまうと、少なからず泡が立ってしまいますし、その後は口をゆすがないといけなくなります。

 

たいてい2歳くらいまではうがいができないでしょうから、歯磨き粉を使うとよけいに処理が困ってしまうのです。

 

飲んでも問題ないのですが、毎回飲む訳にも行かないでしょうし、100%安全な成分だけというわけではないので、飲まないに越した事はないのですから。

 

また、子供用歯磨き粉は苦くないとはいうものの、嫌がる子供も少なくありません。

 

ただ、早い子では1歳半くらいになるとうがいもしっかりできるようになります。

 

そうなれば子供用歯磨き粉を使って歯磨きするようにさせましょう。

 

 


 

関連ページ

子供用歯磨き粉はいつから使用する?
子供用歯磨き粉はいつから使用すればよいのかについて書いていきたいと思います。簡単に言うと、うがいをできるようになってから歯磨き粉を使った方が良いと思います。それまでは、歯磨きだけでも唾液が出ますので、虫歯予防になります。まずはうがいの練習をさせるようにしましょう。
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいい?
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいいのでしょうか?実際に大人用歯磨き粉と子供用歯磨き粉の配合成分は大して変わりありませんが、配合量に違いがあります。ですので、結論として大人は大人用、子供は子供用の歯磨き粉を使用する方が望ましいのです。
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?について書いていきます。いくら良い歯磨き粉を使っていても磨き残しがあれば、虫歯になるリスクはどうしても高くなってしまいます。歯磨き粉を使用しているから大丈夫と思わずに、しっかりとブラッシングする事が大切です。
歯磨きさせる姿勢にも気をつけよう
歯磨きさせる姿勢にも気をつけましょう。歯磨きする姿勢はとても重要です。姿勢で仕上げ磨きがしやすかったり、しにくかったりもします。推奨できるのは、寝かせて磨く方法、立って磨く方法、立った状態であごを上げて磨く方法などがあります。
使用量に注意する事について
子供用歯磨き粉の使用量についてのご紹介をいたします。歯磨きは、しっかり磨き、汚れを落とす事が一番大切です。歯磨き粉については、磨けていればあってもなくてもよいといっても大げさではありません。しかし、子供の場合は、あまり多く歯磨き粉をつけない方が、歯磨きもしやすいので望ましいです。