使用量に注意する事について

使用量に注意する事について

子供が歯磨きをする際には、子供用歯磨き粉を使用しておこなうといいでしょう。

 

では、実際に子供用歯磨き粉を使用する際、どれくらいの量を使えばいいのでしょうか。

 

使えば使うほどより虫歯になりにくいのでしょうか。

 

よく歯磨き粉のCMでは歯ブラシの毛先全体にたっぷりとつけて磨いているでしょう。

 

同じようにそれくらいつけた方が良い、と思う方もいますし、実際にそうしている方もいます。

 

ですが、正直言って子供の歯磨きにCMのような使用量は必要ありません。

 

これは何も子供に限ったことではなく、大人でもそうです。

 

本来、歯磨きは歯磨き粉をつけなくてもしっかりと磨けていれば虫歯にはならないのです。

 

その歯磨きの効果を高め、歯を強くする成分が含まれているのが歯磨き粉なのです。

 

ですので、つけないよりはつけた方が良いのですが、大量につけても効果は変わらないのです。

 

毛先に1cm〜2cmくらいで十分ですし、子供の場合は5mmくらいでもいいのです。

 

テレビCMはあくまで商品をアピールするためのものですので、歯磨きにとってベストの量ではないのです。

 

むしろ、子供の歯磨きにとってみれば、子供用歯磨き粉は大量に使わない方が良いのです。

 

子供用歯磨き粉はあまり泡立たないようにできていますが、やはり大量に使用すればやはりたくさん泡立ちます。

 

そうなると、仕上げ磨きをする場合の妨げになりますし、子供が一人で磨く場合にも、泡だらけで磨きづらくなる、苦しくなってしまいます。

 

ですので、少量つけるようにしましょう。

 


 

関連ページ

子供用歯磨き粉はいつから使用する?
子供用歯磨き粉はいつから使用すればよいのかについて書いていきたいと思います。簡単に言うと、うがいをできるようになってから歯磨き粉を使った方が良いと思います。それまでは、歯磨きだけでも唾液が出ますので、虫歯予防になります。まずはうがいの練習をさせるようにしましょう。
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいい?
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいいのでしょうか?実際に大人用歯磨き粉と子供用歯磨き粉の配合成分は大して変わりありませんが、配合量に違いがあります。ですので、結論として大人は大人用、子供は子供用の歯磨き粉を使用する方が望ましいのです。
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?について書いていきます。いくら良い歯磨き粉を使っていても磨き残しがあれば、虫歯になるリスクはどうしても高くなってしまいます。歯磨き粉を使用しているから大丈夫と思わずに、しっかりとブラッシングする事が大切です。
歯磨きさせる姿勢にも気をつけよう
歯磨きさせる姿勢にも気をつけましょう。歯磨きする姿勢はとても重要です。姿勢で仕上げ磨きがしやすかったり、しにくかったりもします。推奨できるのは、寝かせて磨く方法、立って磨く方法、立った状態であごを上げて磨く方法などがあります。
月齢によっては使わない方が良い
月齢によっては歯磨き粉を使わない方が良い場合についてご紹介いたします。やはり、うがいが出来るようになるまでは、それほど歯磨き粉を使わなくても良いといえます。ブリアンのように乳酸菌の歯磨き粉なら安全ですが、他の歯磨き粉は、毎回飲んでしまっては気になります。唾液でのブラッシングも効果がありますので、毎日きちんとブラッシングしましょう。