子供用歯磨き粉はいつから使用する?

子供用歯磨き粉はいつから使用する?

子供用歯磨き粉はいつから使用

生後間もない赤ちゃんはまだ歯が生えていませんが、生後6ヶ月を過ぎたあたりから徐々に乳歯が生え始めてくるものです。

 

乳歯が生えてきた頃は、歯磨きと言ってもガーゼ等で汚れをふき取る程度でもOKです。

 

また、最近は月齢に合わせた歯ブラシもありますので、歯磨きに慣れるためにもそういった製品を使ってみてもいいでしょう。

 

そして最初は歯磨き粉は使わずに歯ブラシだけでも十分です。

 

唾液により殺菌効果があるので、虫歯予防になるのです。

 

では、歯磨き粉はいつから使用するのが良いのでしょうか。

 

歯磨き粉には乳歯を強くするフッ素やその他さまざまな成分が含まれているので、できれば使って歯磨きをしたいものです。

 

ですので、できることなら早い段階で歯磨き粉を使うといいでしょう。

 

ただ、歯磨き粉を使った場合、必ずうがいをしないといけなくなります。

 

うがいができない状態の年齢、月齢で歯磨き粉をつけて歯磨きをすると、口の中が泡だらけになったままどうすることもできなくなってしまいます。

 

飲み込んでもいいのですが、できるならしっかりとうがいできるようになってからの方が良いでしょう。

 

ということから、歯磨き粉はうがいができるようになってから使うようにしましょう。

 

子供によっては、2歳以上になってもうまくうがいができない、というケースもあります。

 

ですので、「歯磨き粉はうがいができるようになってから」と安易に考えるのではなく、まずは子供がしっかりうがいができるように練習させる事が大切でしょう。


 

関連ページ

大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいい?
大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいいのでしょうか?実際に大人用歯磨き粉と子供用歯磨き粉の配合成分は大して変わりありませんが、配合量に違いがあります。ですので、結論として大人は大人用、子供は子供用の歯磨き粉を使用する方が望ましいのです。
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?について書いていきます。いくら良い歯磨き粉を使っていても磨き残しがあれば、虫歯になるリスクはどうしても高くなってしまいます。歯磨き粉を使用しているから大丈夫と思わずに、しっかりとブラッシングする事が大切です。
歯磨きさせる姿勢にも気をつけよう
歯磨きさせる姿勢にも気をつけましょう。歯磨きする姿勢はとても重要です。姿勢で仕上げ磨きがしやすかったり、しにくかったりもします。推奨できるのは、寝かせて磨く方法、立って磨く方法、立った状態であごを上げて磨く方法などがあります。
月齢によっては使わない方が良い
月齢によっては歯磨き粉を使わない方が良い場合についてご紹介いたします。やはり、うがいが出来るようになるまでは、それほど歯磨き粉を使わなくても良いといえます。ブリアンのように乳酸菌の歯磨き粉なら安全ですが、他の歯磨き粉は、毎回飲んでしまっては気になります。唾液でのブラッシングも効果がありますので、毎日きちんとブラッシングしましょう。
使用量に注意する事について
子供用歯磨き粉の使用量についてのご紹介をいたします。歯磨きは、しっかり磨き、汚れを落とす事が一番大切です。歯磨き粉については、磨けていればあってもなくてもよいといっても大げさではありません。しかし、子供の場合は、あまり多く歯磨き粉をつけない方が、歯磨きもしやすいので望ましいです。