大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいい?

大人用歯磨き粉で子供の歯磨きはしてもいい?

子供が歯磨き粉を使用する場合、一般的には子供用歯磨き粉を使用する方が多いのではないでしょうか。

 

ですが、中には大人用の方がコストがかからないから、もしくは子供用歯磨き粉は気休め程度で効果が少ないのでは?と思い大人用の歯磨き粉を子供に使用する方もいるようです。

 

では大人用歯磨き粉で子供の歯磨きをしてもいいのでしょうか?

 

もしくはむしろ大人用歯磨き粉で歯磨きした方が良いのでしょうか。

 

実際、子供用歯磨き粉も大人用歯磨き粉もいろいろな成分が含まれており、配合成分には大きな違いはありません。

 

ですが、その配合量が違います。

 

やはり子供用よりも大人用の方が含有量が多いです。

 

基本的に、歯磨き粉は誤って飲んでも問題ない成分になっているのですが、それでも体内に入れない方がいい成分もあるのです。

 

大人用は大人が飲んでも問題ないレベルの配合量ですから、子供が飲んでしまうとやはり良くはないでしょう。

 

また、大人用の歯磨き粉には研磨剤が含まれているものも多く、乳歯の場合はそれにより歯が削られてしまう危険性もあるのです。

 

そして大人用歯磨き粉は清涼感を出すように、子供用歯磨き粉は子供が苦いと感じないように甘くできてきます。

 

それにより、子供が歯磨きを嫌がらずにできるようになっているのです。

 

ですので、子供が嫌がらずに歯磨きをするためにも子供は子供用歯磨き粉、大人は大人用歯磨き粉を使用した方が良いのです。

 

小学校高学年以上になって、しっかりと大人の歯が出来上がれば大人用歯磨き粉に切り替えてもいいでしょう。

 


 

関連ページ

子供用歯磨き粉はいつから使用する?
子供用歯磨き粉はいつから使用すればよいのかについて書いていきたいと思います。簡単に言うと、うがいをできるようになってから歯磨き粉を使った方が良いと思います。それまでは、歯磨きだけでも唾液が出ますので、虫歯予防になります。まずはうがいの練習をさせるようにしましょう。
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?
子供用歯磨き粉をつけて歯磨きすれば虫歯にならない?について書いていきます。いくら良い歯磨き粉を使っていても磨き残しがあれば、虫歯になるリスクはどうしても高くなってしまいます。歯磨き粉を使用しているから大丈夫と思わずに、しっかりとブラッシングする事が大切です。
歯磨きさせる姿勢にも気をつけよう
歯磨きさせる姿勢にも気をつけましょう。歯磨きする姿勢はとても重要です。姿勢で仕上げ磨きがしやすかったり、しにくかったりもします。推奨できるのは、寝かせて磨く方法、立って磨く方法、立った状態であごを上げて磨く方法などがあります。
月齢によっては使わない方が良い
月齢によっては歯磨き粉を使わない方が良い場合についてご紹介いたします。やはり、うがいが出来るようになるまでは、それほど歯磨き粉を使わなくても良いといえます。ブリアンのように乳酸菌の歯磨き粉なら安全ですが、他の歯磨き粉は、毎回飲んでしまっては気になります。唾液でのブラッシングも効果がありますので、毎日きちんとブラッシングしましょう。
使用量に注意する事について
子供用歯磨き粉の使用量についてのご紹介をいたします。歯磨きは、しっかり磨き、汚れを落とす事が一番大切です。歯磨き粉については、磨けていればあってもなくてもよいといっても大げさではありません。しかし、子供の場合は、あまり多く歯磨き粉をつけない方が、歯磨きもしやすいので望ましいです。