あまり泡が立たないもの

あまり泡が立たないもの

子供用歯磨き粉選びのポイントとしては、あまり泡が立たないものを選ぶというのも一つの方法です。

 

歯磨き粉に限った事ではなく、シャンプーやボディーソープ、洗顔料などでも泡立ちがいいものほど汚れが綺麗に落ちるというイメージがあるかと思います。

 

もちろん、必ずしもそういうわけではないのですが、なんとなくそんな感じがします。

 

同じものなら泡立ちが良いものを選びがちでしょう。

 

実際洗顔料などはしっかりと泡立てることで肌を傷つけることなく汚れを泡にしっかり吸着させて落とせると言われます。

 

ですので、歯磨き粉も泡立ちが良いほうがいいのでは?と思うでしょう。

 

確かに、大人用歯磨き粉であれば、しっかり泡立つ方が洗い上がりもすっきりするのでいいかもしれません。

 

ですが、子供用歯磨き粉を選ぶ場合には、その逆で泡立たない方が良いのです。

 

それは子供が歯磨きをする際に、大量に泡が出てしまうと、苦しくなってすぐに歯磨きを止めてしまいがちだからです。

 

一旦余分な泡を捨てて磨き続ければいいですが、それも子供はしないでしょう。

 

そして、子供の年齢によっては親が仕上げ磨きをすることでしょう。

 

その際、泡が口の中いっぱいになっていると、歯を確認しながら磨くのが困難になってしまいます。

 

場合によっては、食べ物が歯に挟まっているのにも気がつかずに仕上げ磨きを終了してしまうこともあるかもしれません。

 

しっかりと歯を磨くため、仕上げ磨きをするためにも、できるだけ泡立ちが良くない子供用歯磨き粉を選ぶようにするといいでしょう。


 

関連ページ

うがいできない子でも安心なもの
うがいできない子でも安心な歯磨き粉を選びましょう。子供用歯磨き粉は、飲み込んでも問題ないように作られていますが、やはり、体内に入れたくないフッ素のような成分も入っています。ですので、歯磨き粉ブリアンのような安心できる歯磨き粉を選ぶのをおすすめします。
味付き・キャラクターもの
味付き・キャラクターものの歯磨き粉について書いていきます。味付きやキャラクターものは、子供用に作られているため、安全性も重視しているものが多いです。また、キャラクターなら子供が喜びますし、味付きであれば、子供も嫌がらずに歯磨きをしやすいです。一度試しに使ってみるのも良いですよ。
フッ素入りのものについて
子供用歯磨き粉でフッ素入りのものについてご紹介いたします。子供用歯磨き粉はフッ素なしのものを選びたいですが、ブリアンなど一部の商品以外ではフッ素なしでは、虫歯予防効果が出ないものが多いですので、一般的にはフッ素ありを推奨しています。
口コミで人気
子供用歯磨き粉の選び方で口コミで人気のものを選ぶのも一つの方法です。口コミサイトで人気なら、とりあえず、評価の良くない歯磨き粉は避けることが出来ますし、人気であれば理由が必ずあるからです。ですので、口コミで選ぶ方法も有効な手段と言えます。
歯医者さんのオススメ
子供用歯磨き粉は歯医者さんのオススメしているものを選ぶのも一つの選択です。歯医者さんがオススメしているのなら、ある程度安心と言えます。但し、子供が嫌がらない歯磨き粉を選ぶようにしましょう。