歯医者での定期検診・フッ素を塗る

歯医者での定期検診・フッ素を塗る

虫歯対策としては毎日、毎食後の歯磨きが重要で、その際には子供用歯磨き粉を使用するといいでしょう。

 

ですが、それだけで必ずしも虫歯にならないというわけではないのです。

 

仮に親が仕上げ磨きをしたとしても、磨きにくい部位などはついつい磨き残しになってしまいやすく、気が付くと虫歯になっているというケースも少なくありません。

 

そのため、歯磨き粉以外の子供の虫歯対策としては、毎日の歯磨きがしっかりできているのか、虫歯ができていないか、虫歯になりかけていないかを定期的に検診を受けてチェックしてみるといいでしょう。

 

歯医者は虫歯になったら虫歯の治療に行くところというイメージがあるかと思いますが、本当なら虫歯になる前に予防のために行くのが理想なのです。

 

虫歯ができるとそこを削る等の治療をしないといけないのですが、その前なら削ることなく対策出来ます。

 

定期検診を受けて、虫歯になりかけている、もしくは磨き残しになっているとなれば、その部位を重点的にケアすれば、虫歯になるのを避けられるでしょう。

 

また、定期検診だけでなく歯医者ではフッ素を塗ってもらう事ができます。

 

子供用歯磨き粉にも適量のフッ素が入っていますが、それだけでは十分ではありません。

 

場合によっては歯磨き後に口をゆすぐことでほとんど効果が出ない場合もあるのです。

 

歯医者でのフッ素コーティングをすれば、間違いなく子供用歯磨き粉よりも歯を強くして虫歯になりにくくしてくれるのです。

 

3ヶ月に一度は定期検診とフッ素を塗ってもらうようにしましょう。

 


 

関連ページ

キシリトール入りガム
歯磨き粉以外での虫歯予防では、キシリトール入りガムがあります。知っている方も多いと思いますが、歯を石灰化し、虫歯になりにくい歯にしてくれます。ただ、キシリトールガムにも、いろいろありますので、条件にあったキシリトールガムを選ぶ必要があります。
鼻呼吸を心がける
鼻呼吸を心がけると虫歯対策になるについてご紹介していきます。唾液には殺菌作用があるのですが、口呼吸をすると、口の中が乾いてしまいます。出来るだけ、唾液がある状態を作ることが大切ですので、鼻呼吸をする事が重要なのです。
食べたら磨く習慣を
食べたら磨く習慣についてご紹介していきます。子供の場合、歯磨きを嫌がる場合が多いですので、まずは磨く習慣をつけさせましょう。歯磨き粉や歯ブラシも大切ですが、磨く習慣がとても重要です。子供の頃からしっかり見につけさせたいですね。
虫歯になりやすいものを避ける
子供の虫歯予防対策にとって、虫歯になりやすいものを避けるのも重要です。特に歯にくっつきやすい食べ物には注意しましょう。