キシリトール入りガム

キシリトール入りガム

子供が虫歯になってしまう原因の一つが、食べ物にあります。

 

お菓子等の甘いものをたくさん食べてしまう事で虫歯になりやすいということは誰でも知っていることでしょう。

 

特にガムやキャラメルなどは歯に付着しやすいので、そのままにしていると虫歯が進行してしまう事もあるので注意が必要です。

 

ですが、お菓子は食べない方が良いとはいうものの、実は子供用歯磨き粉以外の子供の虫歯対策の一つとしてはキシリトール入りガムを食べるというのもあるのです。

 

「ガムを食べて虫歯対策になるなんてウソじゃないの?」と思う方もいるかと思います。

 

ですが、キシリトールは甘みを出す甘味料でありながら、歯の石灰化を促進してくれる働きがあるのです。

 

つまり、甘みがあるガムでありながら糖分ではないので虫歯になりにくいですし、逆に歯の石灰化により虫歯になりにくい歯を作ってくれるのです。

 

そして、ガムを噛むことでたくさん唾液が分泌されるようになります。

 

唾液には殺菌作用があるため大量に分泌される事で虫歯予防にもなるのです。

 

そのためキシリトールの効果と唾液の効果により虫歯予防になるというわけです。

 

ただ、キシリトールは大量に摂取することでお腹が緩くなることがあります。

 

子供なら尚更でしょう。

 

最近ではキシリトールタブレットなどもあるので、摂取量には注意が必要です。

 

ですので、いつもキシリトールガムを噛んでいればいいというものでもありません。

 

できれば食後の3回、寝る前に一度噛むくらいにしておきましょう。


 

関連ページ

歯医者での定期検診・フッ素を塗る
歯医者での定期検診・フッ素を塗る事について書いていきます。子供の虫歯予防でまず大切なのが、歯医者さんで定期検診を受けることです。歯医者さんには、治療ではなく虫歯の予防の為に行くとよいでしょう。そしてフッ素を塗ってもらうとより虫歯予防に期待できます。
鼻呼吸を心がける
鼻呼吸を心がけると虫歯対策になるについてご紹介していきます。唾液には殺菌作用があるのですが、口呼吸をすると、口の中が乾いてしまいます。出来るだけ、唾液がある状態を作ることが大切ですので、鼻呼吸をする事が重要なのです。
食べたら磨く習慣を
食べたら磨く習慣についてご紹介していきます。子供の場合、歯磨きを嫌がる場合が多いですので、まずは磨く習慣をつけさせましょう。歯磨き粉や歯ブラシも大切ですが、磨く習慣がとても重要です。子供の頃からしっかり見につけさせたいですね。
虫歯になりやすいものを避ける
子供の虫歯予防対策にとって、虫歯になりやすいものを避けるのも重要です。特に歯にくっつきやすい食べ物には注意しましょう。