食べたら磨く習慣を

食べたら磨く習慣を

子供の虫歯対策としては、フッ素入りの歯磨き粉、子供が喜ぶような味やキャラクターの子供用歯磨き粉を使用するというのも大切なポイントです。

 

ですが、それはあくまで子供がしっかり歯磨きした場合のことであり、また嫌がらずに歯磨きをするためのものです。

 

いくら虫歯予防になる子供用歯磨き粉を使用しても、子供が喜ぶような歯磨き粉を使用しようとも、肝心の歯磨きをしなければ何の意味もありません。

 

もちろん、子供が小さいうちは、親御さんがついていて歯磨きをしてあげたり、仕上げ磨きをしたりするので問題はありません。

 

ですが、ある程度子供が大きくなってくると、親は「歯磨きをしなさいよ」というだけ、場合によっては言わない時もあるかもしれません。

 

そのような年齢になってくると、親に言われないから、見ていないからと歯磨きをサボってしまう子供も出てくるのです。

 

そうなるといくらそれまで虫歯がなくても、あっという間に虫歯になってしまうのです。

 

ですので、子供用歯磨き粉をどうするか、ということともに大切なのは、食べたら歯磨きをするという習慣を子供につけさせることです。

 

極端な話、しっかり歯磨きを習慣づける、正しい歯磨きを習慣づけて磨けていれば、子供用歯磨き粉を使用しなくても虫歯にはなりにくいです。

 

まずは、当たり前ですが食べたら磨くという習慣をつけさせましょう。

 

逆に言えば食べたら磨くのが当たり前と思うようにしないといけません。

 

その上で子供用歯磨き粉をしっかり使用すれば、よりいいでしょう。

 


 

関連ページ

歯医者での定期検診・フッ素を塗る
歯医者での定期検診・フッ素を塗る事について書いていきます。子供の虫歯予防でまず大切なのが、歯医者さんで定期検診を受けることです。歯医者さんには、治療ではなく虫歯の予防の為に行くとよいでしょう。そしてフッ素を塗ってもらうとより虫歯予防に期待できます。
キシリトール入りガム
歯磨き粉以外での虫歯予防では、キシリトール入りガムがあります。知っている方も多いと思いますが、歯を石灰化し、虫歯になりにくい歯にしてくれます。ただ、キシリトールガムにも、いろいろありますので、条件にあったキシリトールガムを選ぶ必要があります。
鼻呼吸を心がける
鼻呼吸を心がけると虫歯対策になるについてご紹介していきます。唾液には殺菌作用があるのですが、口呼吸をすると、口の中が乾いてしまいます。出来るだけ、唾液がある状態を作ることが大切ですので、鼻呼吸をする事が重要なのです。
虫歯になりやすいものを避ける
子供の虫歯予防対策にとって、虫歯になりやすいものを避けるのも重要です。特に歯にくっつきやすい食べ物には注意しましょう。